うちの猫ちゃん12 首輪 

以前から、私の住む地域では、地域猫の対応を呼びかけていましたが、
新しく、飼い猫には首輪をつけるように知らせてきました。
間違えて捕獲されないようにです。
捕獲されたら、避妊済の目印にお耳を切られてしまうかもしれません。

そこで、うちのラビも首輪をつけることにしました。
黒い毛並に映えるような色をと考え、目の色と同じような、
金色の首輪を選びました。
小さな鈴がついていて、動くとチリチリと音が鳴ります。
つけたとたんに、ラビの顔つきが変わりますw
首筋にノミ予防の薬をつけた時のように、目をすぼめ、
肩の筋肉がこわばります。
嫌なんだろうな、と思わせるそぶりが見え見えです。
しきりにカッカッとそのあたりを後ろ足で掻きます。
しばらく見守りましたが、だいぶ慣れたかなと思われたので、
外へ出してやりました。
帰ってきた時には、・・・ありませんでした。
つけたその日に、失くしてきました。
もう、がっかりですよ。
そうお高いものではなかったので、そこはダメージが少ないのですがね。
それ以来、出かける時には、
「お前、首輪拾ってきなさいよ」と声かけしますが、わかるはずもなくw

今の首輪って、セーフティバックルっていう、すぐにはずれる構造になっています。
猫ちゃんのことをよく考えてありますよね。
昔は子犬用を使っていたりしたものです。
私が最初に飼ったつがいの黒猫ちゃんたちには、子犬用の皮の首輪をつけました。
オスには緑色、メスには赤色の首輪でした。
ある日、私の部屋の窓の雨戸を閉めようとしたところ、
戸袋の入口に、赤い首輪がちんまりと挟まっていました。
想像するに、戸袋に首を突っ込み、肩のところまで入ったけど、
それ以上は入るのをやめて、バックしたけど、首輪がつっかえてしまったってな感じ。
ぐいぐいとバックしたら首輪がスポッと抜けてしまったんでしょう。
もしかしたら、首つりしてしまったかもしれません。 いや、したのかも・・・
焦る猫ちゃんを想像したら、もう首輪なんてつけられませんでした。

そんな経験があるので、首輪をつけるのは、ためらわれます。
でも、そのセーフティバックルがその気持ちを抑えてくれました。
なので、今回、ラビにも首輪をつけたのですが、
しかし、残念ながら、首輪そのものが、猫ちゃんには迷惑だったんでしょうね。
もしかしたら鈴かなあ? 鈴とったら違うかなあ?
どうしたもんだか、思案中ですよ。
もう一度トライしてみようかな。 今度は鈴を外してみましょうか。
要は慣れですもんね。 そうお高くないものなら、失くしてもダメージは少ないし。
うん、また買ってこよう。

ではまた~



スポンサーサイト

母参戦…撃沈 

今日、息子たちが、電気屋さんに並ぶと言います。
なぜなら、『任天堂スイッチ』の抽選があるというのです。
2ヶ月ほど前にも挑戦して涙をのんだ男3人。(夫も並んだのよ)
遠い過去、私もその手の行列に並んで、見事『Wii』を獲得したことがありました。
よし、そよ風家最強の運の持ち主、母も参戦しよう!
さあ、いざ!
次男・長男に続き、並びます。
夫がすぐ後ろにいると思ったら、赤の他人が並びました。
私の番号は124番です。
夫は130番でした。
そして・・・
一家4人が並べば、誰かが当たるんじゃね?という淡い期待は、
儚く散りました。
冗談で、「もし125番が当たったら、お父さんのせいね」と言っていたら、
なんと、その125番が当たっていました。
・・・ねえ、私が並んだから当たっていた可能性があったのに。
お父さんのばか!



遅い夏休みのつづき 

さて、熱海の2日めです。
ローマ風呂で朝風呂に入り、たっぷり朝食をいただいて元気いっぱいです。
ではどこへ行こうか?
すぐ近くに『アカオハーブ&ローズガーデン』というのがあるのを見つけました。
少し散策でもしましょうかと、軽い気持ちで到着すると、どうやらけっこうな山の上。
・・・と思ったら、その上までは、園内のマイクロバスで送ってくれるんです。
あとは上から下りながら庭園を楽しむ方式でした。
疲れちゃったら、道に出て、帰りのバスを止めて乗れるんです。楽チンね♪
庭園もいろいろなシチュエーションのものがいくつもあって、
イングリッシュガーデンやらフランス式やら、ハーブ園やら・・・
日本庭園には大きな松の盆栽があり、
「これって盆栽って言えるの?」と、息子たちと議論しながら楽しみました。
一応植木鉢には入っているのですが、普通の植木鉢じゃないんですよ。
長~い植木鉢なんですw 
途中のオープンカフェでローズジュースなどを飲み、小休止しながら、
谷を利用したハーブ&ローズガーデンを、下りるだけとはいえ、
散策というにはちょっとハードなお散歩でした。 でもちゃんと歩きましたよ。
もう少し、お花が咲いてても良かったなあとも思いました。
この時期でも咲いてるお花はまだ多いはずなんですけどね。

暑かったねえということで、次はもっと涼しいところということで、
「強羅に行ってみようか」という夫の提案に全員賛成。
しかし、次男がまた瀕死状態ですw この子は山道に弱い弱い。
道を間違えたりもして、パラグライダーがふんわり飛ぶ姿を楽しむ余裕もなく、
強羅に到着しましたが、さてどこへ行こうか?ってな具合です。
そうだ、去年の春、断念した『彫刻の森』があるじゃないか。
空気もさわやかなようだし、行ってみよう~!
てな感じではなく、仕方なく歩き出す面々。
風はひんやり気持ちが良いのですが、やっぱり日差しはまだ暑い。
朝の元気はすっかりなくなっていましたよ。
でも、いろいろ観て歩くうちに、おもしろ味も湧いてきて、長男は、
「15年早く来てればなあ」と言うほど。
子供が遊べる展示物が多かったからです。
次男も、館内では元気になり、じっくりと観てました。
駐車料金が、5時間無料というのに驚いていましたが、
これ、全部じっくり楽しんでいたら、5時間たっちゃいますね。

ここで、観光はおしまいです。
あとはドライブ三昧ですが、次男にはすこーし苦難が続きました。
そういえば、一日目に通った芦ノ湖スカイラインには、
メロディーペーブなるものがありました。 
路面に溝が刻んであって、そこを車が通ると、メロディーが聞こえます。
これ自体は群馬で体験済みでしたが、聴こえた曲が、『残酷な天使のテーゼ』です。
なぜここでエヴァなの?
「そういえば、エヴァの舞台っていうか基地かなんかがこの辺じゃなかったっけ?」
と、うろ覚えの私に、長男がスマホで検索してくれました。
『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する架空の都市「第3新東京市」が、
芦ノ湖北岸にあるという設定なんだそうです。
観光協会まで動かすエヴァンゲリオンってすごいですね。
というか、エヴァをとりあげる観光協会がすごいのかなw

ともあれ、思わぬ運動をしたおでかけでした。 歩いただけですがね。
歩いただけなのに、筋肉痛になってしまったw
もう一回温泉で癒したーい!



遅い夏休み 

この土日に遅い夏休みをとって、熱海にお泊りしてきました。
夏休みといったって、一泊しかできませんから、なんだかねえ。
ま、主婦にとっては、上げ膳据え膳は天国ですし、温泉は極楽極楽
ということで、報告いたしまーす。

うちはどこかへ行くのに、遅い出発なんですよねえ。
10:30頃に家を出て、さて、どこへ行こうか?と考えます。
とりあえず今夜の泊りである熱海方面へ車を走らせます。
東名は混むだろうからと、中央高速から御殿場方面へ。
途中上野原近辺で渋滞にはまりましたが、急ぐ旅ではないので、のんびり行きます。
夫が、「大涌谷でも行ってみようか」と言うので、
「黒たまご、黒たまご♪」と箱根方面へ。
この辺は通ったことあるよねと言いながら、仙石原を通り過ぎます。
すすきが良い具合に広がっていて、見事でしたよ。
スムーズに大涌谷まで行けるかと思いきや、姥子駅を過ぎたあたりで、なんと駐車場渋滞。
夫が高所恐怖症なので、ロープウェイは極力避けておりましたが、
これはもう、車は諦めるべきかということで、Uターンしてついさっき通り過ぎた姥子駅へ。
私が横目で、無料駐車場の存在を見ていましたので、そこで車を降りて、ロープウェイです。
一駅だからと、夫も覚悟を決めて乗り込みますw
むかーし乗ったことがあって、たしか立って乗った記憶があったのですが、
間違った記憶だったようで、全員座るように椅子が並んでおりました。
一分間隔で運行しているので、詰め込む必要もないのかもしれませんね。
「大涌谷からこっち側は、そんなに高くないから大丈夫なんだ」と言っていた夫は、
改めて乗って見て「え~っ、こっちも結構高いなあ」と後悔していましたw
さて、大涌谷では、名物の黒たまごを購入。
一人一袋で500円。 中には5個の黒いゆで玉子が入っています。
さっそく熱々の黒たまごをいただきます。
「アチアチ」と言いながら殻を剥いて、ふーふー、はふはふ、もぐもぐ。
おいしかったですねえ。 景色を見ながらなのでよけいにおいしかった
大涌谷はもくもくと煙が立ち上り、雄大な景色でした。
たまごでは満たしきれない空腹に、駅の2階にある食堂で、遅い昼食をとりました。
窓からは白煙の立ち上る谷が良く見えて、特等席でした。
そんなこんなで、良い時間になったので、熱海へ向かいます。
ぐねぐねの山道で、次男が瀕死状態になりながら、熱海到着ww
泊りは『大野屋』さんです。
昔は老舗の旅館だったようですが、今は伊藤園グループで、格安のバイキング形式。
ほら、うちはバイキングが最適ですからw
そして、カニ食べ放題でした。 ラッキー♪
お食事は結構品数があって、伊藤園グループでは豪華なほうだと思います。
お風呂は、『ローマ風呂』が広~くて解放感バッチリでした。
お部屋は、なんだか古ぼけていて、老舗だった面影はないなあ・・・
でも、お布団は余分にあったので、敷布団を重ねることができ、熟睡できました。
敷布団が薄くて体が痛くなることって、結構あるんですよ。
いつも格安だからと諦めるんですけどね。

おや、けっこう長くなっちゃいましたね。
続きは明日にしますか。 では~



めがね 

私は遠近両用の老眼鏡をかけています。
下だけ老眼用で、上は軽ーい乱視補正がはいっています。
今でも裸眼は1.5と1.2なので、この乱視補正も、いらないっちゃいらないのです。
なぜ遠近両用かというと、仕事上の問題なのです。
老眼鏡だと、歩けないとか、気分が悪くなるらしいので、かけっぱなしにはできません。
でも、かけないと、日付がよく見えません。
日付管理は確実にやらないとね。
品出しをしながらも、日付管理をするには、この老眼鏡が欠かせません。
でも、いちいちかけたりはずしたりなんて、手間をかけてる暇はありません。
なので時間をかけて遠近両用を作りました。
今思うと、ブルーライトカットもつけておけば良かったです。
こうしてパソコンの前に座ると、ついつい長居してしまいますもので。ホホホ

私はまだ眼鏡を壊したことはないのですが、
うちの次男は何個壊したことでしょう。
フレームがポッキリ折れてしまうんです。
そのたびにカッコ悪いけど、セロテープでぐるぐる巻いて、
新しい眼鏡ができるまで、使わせました。
まさかこんなにすぐに壊すとは思いませんから、
予備なんて作っていませんでした。
でもね、もう社会人ですから、セロテープで巻くわけにもいきませんよね。
もう一本、予備に買っておこうかと思います。
長男もね。
長男は壊したことはないんです。
度が進んで作り直しはあるのですが、いつ何が起こるかわかりませんものね。
夫は、近眼でしたが、老眼が加わって、見えるようになったとか申しております。
嘘か真か、定かではありませんがね。
一時期、一家4人が眼鏡族でした。
今は夫がかけていないので、まるで私が近眼の元みたいに見えますが、
元は夫ですからね。
いや、子供たちはパソコンがいけなかったのかな。
早い時期にゲームやらパソコンやら、させるんじゃなかった。残念!